白い詰め物・被せ物について|あきら歯科医院|インプラント 歯医者

府中市 あきら歯科医院

白い詰め物・被せ物について

白い詰め物・被せ物 虫歯になった歯の治療では、原則的に歯質を削らなければいけません。
虫歯菌が感染した歯質は、自然治癒することがなく、放っておくとどんどんと溶かされていってしまうからです。

削った分だけ歯質を失うことになりますが、これは仕方のないことといえます。失った歯質は、詰め物や被せ物によって補いますので、歯の機能まで失うことはありませんが、使用する材料によっては、審美性が低下します。

ここでは、審美性にも配慮した詰め物や被せ物について、詳しく解説します。

1. 保険診療の詰め物・被せ物

白い詰め物・被せ物 虫歯治療における詰め物や被せ物というのは、保険診療でも実施することができます。詰め物は比較的小さな虫歯に対して行われる治療で、被せ物はかなり重症度の高い虫歯に対して行われる治療です。

専門的には詰め物がインレー、被せ物がクラウンと呼ばれています。ここで注意しなければならないのが、保険診療で使用できる材料です。

例えば、審美性と直結するような前歯の治療では、保険診療でも白い被せ物を作ることができます。ただ、使用できるのはレジンと呼ばれる硬いプラスチックの素材です。おそらく、これまでに歯科医院で治療を受けたことのある人なら、レジンという言葉を一度は耳にしたことがあることでしょう。

このレジンという素材は、とても安価で形も整えやすいため、取り扱いが容易なプラスチックなのですが、比較的変色や摩耗などの変化が起こりやすい性質があります。また、保険診療における奥歯の治療では、金属を使用するケースがほとんどであるため、患者さんの中には、自費診療を希望される方も珍しくはありません。

2. 自費診療の詰め物・被せ物

2-1. 歯の色の再現性が高い

自費診療であれば、色々な材料を使って詰め物や被せ物を作ることができます。代表的な材料としては、セラミックやジルコニアが挙げられます。これらの材料は、歯質の色と非常に近い白色を再現できるため、一見すると詰め物や被せ物を装着しているようには見えません。

保険診療のレジンは、使用できる素材が限られていますので、セラミックやジルコニアには劣るといえるでしょう。

2-2. 硬くて摩耗しにくい

セラミックというのは、陶器などに使用されている陶材と同義ですので、非常に硬いです。また、レジンのように経年的に摩耗することが少なく、傷もつきにくいといえるでしょう。レジンの場合は、硬いながらも結局はプラスチックですので、毎日使い続けることによって、摩耗したり傷が付いたりします。

ちなみに、ジルコニアやアルミナというのは、ニューセラミックスと呼ばれる新しい歯科材料で、従来のセラミックよりも強度や審美性がさらに高まっています。

2-3. 着色や変色が起こりにくい

白い詰め物・被せ物 詰め物や被せ物の審美性を低下させる要因として、着色という変化が挙げられます。本物の歯においても、変色を気にされている方は多いかと思います。

コーヒーや赤ワインなど、着色性の強い食品を毎日摂取していると、歯質というのは着色してしまいます。いわゆる黄ばみや黒ずみといったものですね。実は詰め物や被せ物にもこうした変化が現れます。

特に、レジンとセラミックを比較した場合、レジンの方が着色する傾向が強いです。また、レジンは使い続けることによって材料自体が劣化し、着色だけでなく変色を起こすこともあります。

一方、セラミックやジルコニアは、こうした着色や変色といった変化が起こりにくいといえます。

2-4. 虫歯になりにくい

レジンと比べると、セラミックやジルコニアは変化が起こりにくい材料といえます。これは同時に、虫歯になりにくい材料ということもできます。詰め物や被せ物の下には、健康な歯質が残っているのですが、詰めている物や被せている物が変化してしまうと、二次う蝕と呼ばれる虫歯の再発も起こりやすくなります。

3. まとめ

このように、白い詰め物や被せ物というのは、単に見た目が美しいだけでなく、丈夫であったり、虫歯になりにくかったりしますので、非常に有用であるといえます。
また、「ものを噛む」という機能面においても、レジンより優れているといえるでしょう。

  • お電話でお問い合わせ
  • 24時間かんたんWeb予約
  • ホームページからのお問い合わせ
府中予防インプラントセンター
  • フォーユー京王堀之内
  • フォーユー南大沢