むし歯が再発しにくい歯科治療| 金修復(ゴールド) | 府中市の歯医者 あきら歯科医院

あきら歯科医院HOME
府中市 あきら歯科医院

むし歯が再発しにくい歯科治療=金修復(ゴールド)

金のつめもの 当院では虫歯治療の詰め物としてゴールド素材を推奨しております。
ゴールド素材の最大のメリットは長寿命であることです。

R.V.タッカー・スタディクラブ(タッカー金修復学会)について

R.V.タッカー・スタディクラブ

R.V.タッカー・スタディクラブは、ゴールド(金)を使う成功率の高い虫歯治療で、歯を長期にわたり温存することによって、患者さんのお口の健康を保つことを目標としています。

院長の長谷川は、2018年よりタッカージャパンの会長として活躍しております。

「R.V.タッカー・スタディクラブ」(タッカー金修復学会)公式サイト
http://arvtsc-jp.net
※院長 長谷川は「タッカー・ジャパン」の会長です。

タッカージャパンが推奨するゴールド素材のメリット

歯と詰め物との隙間がほとんどない

すき間がほとんどない 歯とタッカーゴールドで使用される金属と再発しづらい形を作る。
精度の高いタッカーテクニックによりむし歯になりづらい。

タッカーゴールドは長持ちする

タッカーテクニックを使った知識と技術の研鑽により40年以上にわたり生涯使用される可能性が高いです。
40年経過安定した状態のものが90パーセント以上です。

ゴールドは腐食しないで隙間ができない

すき間ができない 数十年にわたり治療後の状態を維持します。コンボジットレジンや銀合金のように変色したり徐々に腐食したりしません。

ゴールドは歯と歯茎を変色させません

保険診療などで使用される銀合金はイオン化して溶けだして歯と歯肉を黒く変色させます。

ゴールドは相手の歯をすり減らさない

すり減らさない

タッカーゴールドは詰め物の硬さが歯と非常に近似しているため、すり減る速度や相手の歯をすり減らさない。

他の金属に比べて金属アレルギーになりづらい

金属アレルギー

以前歯科で使用されていたアマルガムなどの水銀が含まれている材料やパラジュームなどアレルギーの頻度でドイツなどで禁止されている材料は使用しておりません。

ゴールドは歯科材料のなかで最も長持ちする治療です。

院長「R.V.タッカー・スタディクラブ」(タッカー金修復学会)公式サイト
http://arvtsc-jp.net
※院長 長谷川は「タッカー・ジャパン」の会長です。

  • お電話でお問い合わせ
  • 24時間かんたんWeb予約
  • ホームページからのお問い合わせ